ラルフローレンの子供服(ラルフ子供服)

今日はこんな ラルフローレンの子供服の記事をみつけました。

アメリカから日本に荷物を送るときに、カスタムフォームを記入するのですが、それについては大丈夫です。
でも税関でチェックが入った時に、もし関税がかけられたらどうしようか、と不安になっています。

今回の荷物の中身は、子供服、婦人服など数点です。
いつも日本に送るものは合計金額でも100ドルを超えず、革製品など特別に関税が掛かりそうなものは送ったことがありません。

今回いくつか掘り出し物を見つけて購入したので、それをいとこへの誕生日プレゼントとして送りたいのですが、定価と実際の購入価格の差が激しいので、もし普通のギフトとして送るときのように、値札の金額のところだけ切り離しておいた場合、購入価格不明→定価を推測… と言う具合になり、→受取人に関税を請求、とならないか心配です。

子供服はラルフローレンで、一品の定価が30〜45ドル。(これらはあまり心配していないのですが)購入価格は各10数ドル。
婦人服はDKNYで、定価225ドルのところを30ドル弱で購入しました。ほかにはBCBGで定価210ドルのところを20ドルで購入したものもあります。

(1) T.J.MAXXで購入したので、その値札には購入価格が記してあり、それを切らずにつけたまま関税の申告をすべきか
(実際の購入価格がはっきり分かる為。でもアメリカから商品購入かと誤解されないかも心配。)

(2) 小売店の値札の金額部分を切り取り、関税の申告するか
(ごく普通のギフトとしてやるように。)

どちらが良いでしょうか?

(3) 他の物を贈る。
もありますが、
(4) 里帰りの時に渡す。
は、ありません。この先2〜3年は帰れそうに無いので。


販売目的ではなく、本当に個人への贈物ですし、金額も購入価格は低いので、虚実の申告ではありません。
ただただ、いとこに喜んでもらいたいだけなのですが、もしも余計な税金が掛かったら申し訳なくて。

けれど、税関の職員のかたで、超有名ブランドでもないブランド品をチェックするのかどうか不思議なのもあります。
BCBGとかDKNYを知ってるかどうかも疑問です。

心配しすぎてるかもしれません。
お暇な方、回答をお願いします。

- 回答 -
#2です。

>mamigori様はカスタムフォームにしっかり品物の購入価格を記入されていたんですよね?

はい。
以前は、関税対策のために、嘘の金額を書いていた事もあるのですが、
実際に紛失や破損の被害も数回あり、
記載した金額内での補償となり悔しい思いをした事がありましたので、
金額の欄は、今は、正しい金額を記載しています。
内容について、関税に引っかかりそうな物は(カバンとか靴とか)、記載しない事があります。


>>「ギフト」にチェックが付いている場合は、関税は、送り主宛に請求が来るそうです。

>初耳です!! 「商品」でも「ギフト」でも、日本での受取人が関税を支払う義務があるのだと思っていました。

先ほどの回答でも書きましたが、便宜上、受取人が関税の支払いをする事がほとんどです。
が、関税の請求書?には、送り主の名前が記載されているそうです。


>税関は元々、バッグと財布の定価ではなく、記入されている実際の購入価格から関税額を算出するつもりであったのでしょうか?

う〜ん・・・
私の今回の場合は、荷物が届かないと税関に電話して、
担当の方と直接お話させてもらえたので、セール品だった事を伝えられましたが、
葉書での通知で、関税がかかる事を知る場合、値札の金額で計算される可能性はあると思います。
だからといって、関税対象になるかどうかわからない物に、
「セール品を買いました」などとわざわざ書いていて、プレゼントの相手に見られてもイヤですしね〜・・・

プレゼントの相手の方に、連絡をして、
もし、関税がかかるという葉書が来たときは、すぐに電話なり連絡をもらえるようにお願いしておき、
質問者様が直接税関に電話されて、担当の方にお話してはいかがでしょう?
(この記事は「教えてgoo!」より引用させて頂きました。)




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。